アルピナロードスター バンプラバー交換

ALPINAのフロントバンプラバーとアッパーマウントを交換しました。

前回オイル交換時に下回りをチェックした時、フロントショックのバンプラバーが寿命に来ているのを見つけてしまった。

少し前からハードなドライビングをするとシュッシュッという擦れた音が気になっていた。
オープンで気持よくワインディングを走るためには躊躇なく交換するアイテムだ。

いつもお世話になっているメカのNさんに見積もりをお願いし、今回はSACHSのOEMで対応することに決定。

アッパーマウントも距離的にはやっておいたほうがいいとのアドバイスで(どうせFショックばらすので工賃はかわらない)、アッパーマウントも交換することにした。

DSC05092

バンプラバーとブーツ、R+Lのセットで6000円ほどのパーツ。

さわってみた感じはかなり固い印象で、ショックの沈み込みの最後をこのパーツが支えているのがわかる。

DSC05090

アッパーマウントもSACHSのOEM製。

そもそもSACHSはBMWの純正パーツも供給してるのでまったくもってクオリティには問題なし。
こちらは一つ7344円で計2個必要。

そんなわけで、今朝11時頃に入庫して15時頃には整備完了の連絡がありました。

DSC05110

ALPINAロードスターの足回りはショックはZ4と同じものですが、スプリングはALPINAマークのアイバッハ製。
兎にも角にもこのバネがこいつの乗り味を大きく変えている。

19インチのぺったんこなタイヤをはいてるにも関わらず、ある程度速度が乗ってくると乗り心地がイイねと思うほど絶妙なチューニング。

いろんな方(元Z4オーナーさんも含めて)に乗ってもらった印象は「さすがALPINA、E85のZ4とは全く別物」とお褒めをいただいている。

DSC05111

Nさんにアッパーマウントはヘタってた?ッて聞いたところ「5ミリほどかな?」との答えで、そんなに変わらないと思うよとのこと。

見た目はちょっとフェンダーとのクリアランスが広くなったかな?という感もある。

それじゃあとショップを後にしていつもの海沿いのテストコースへと向かったが、走りだして50mも行かないうちに違いに気づいた。
明らかにセンター付近の座りがイイ。いい意味で落ち着いているのだ。

Nさんはハンドルのセンターがちょっとずれてたから、それも合わしといたよと言ってたけどマウント交換の効果は想像以上だった。

ホイールベースが短いからしかないなと思ってたALPINAロードスターの直進性は完全によみがえった。

バンプラバーの効果はさすがにかなり攻め込んでみないとわからないが非常時満足行く仕上がりでした。

秋のドライブシーズンをパーフェクトなコンディションでむかえることができそうだ!

入庫時走行距離         38218km

今回のメンテ費用
●Fサス脱着、分解       21600円
●SACHSサービスキット     6156円
●SACHSアッパーマウント  14688円
合計              42444円

 

 

 


2 コメント
  1. 2014年9月17日
    • 2014年9月17日

コメントを残す