飛騨合掌ライン 御母衣湖と白山を望む快走路

今日の宿は石川県の温泉、アルピナロードスター向きの快走路ボクは飛騨合掌ラインを急ぐことにした。

清見庵を後にしてほどなくせせらぎ街道が白河街道と交わる三日町の三叉路を左折し清見インター方面に向かう。

カーナビは清見インターから東海北陸道へ乗るように案内するが無視をして白河街道を荘川へ向かう。

この道はほとんど信号がなくアルプスを見ながら走る快走路。アルピナロードスターのもっとも得意な速度レンジの道。

清見 飛騨合掌ライン

清見庵から50km走ると桜の郷荘川につく。

桜の郷荘川 

ここは白川郷と郡上方面への分岐でツーリングの休憩にはちょうどいい場所。

休憩がてら蕎麦屋さんで食べれなかったデザートタイム。ほんのり桜の香りのするソフトクリームです。

桜ソフト

桜の郷荘川を北に白川郷に向かう。

ここからは御母衣湖沿いを走る飛騨合掌ラインという快走路。

合掌ライン

右手に御母衣湖、そして正面には白山が見える。

御母衣湖は日本屈指のロックフィルダム「御母衣ダム」でせき止められた人造湖。

ダムは高さが131mもあり、すぐ近くで見ることができるのでホント巨大で圧倒される。

御母衣ダム

まもなくすると世界遺産「白川郷」の町並み。

今回は時間がないのでスルーして道の駅白川郷で一休みした。

道の駅白川郷

 

清見から荘川そして御母衣湖沿いを走るこのルート、岐阜県屈指の快走路です。

大きな地図で見る


4 コメント
  1. 2014年10月21日
    • 2014年10月22日
  2. 2014年10月22日
    • 2014年10月22日

コメントを残す