OM-D E-M10にハマってます(リ−ニュクレール)

ちょっと衝動的にNEX-7から箱替えしたカメラOM-D E-M10、結論から言うと入れ替えて大正解だった。

スイマセン、今回もカメラネタです。。。

ボクは同じ機能なら軽くてサイズが小さいほうが好きなんだけど、E-M10はそんなボクの好みにぴったり合うカメラだ。

とても軽くて使いやすいのでどこにいくにも最近はE-M10を持ち歩いている。

オリンパスにはこの上にE-M5、そして最上位にE-M1という機種があるが、この手のデジタルツールは新しい方が高性能だったりする「下克上」が存在する。

最上位のEM-1に比べてはかなり差があるが、E-M5は2年以上前の機種ということもありこと写すという部分ではE-M10のほうが優っているところが多いようだ。

まあそんな相対的な比較はどうでもよくて、質感といいカメラとしての機能といいE-M10かなり気に入っています。

そして最近ハマっているのがアートフィルターという機能。

アートフィルター

簡単にいうと写真にカメラ内でエフェクトを掛けてくれる機能で全部で12種類も入っている。

さらにそれぞれのアートフィルターに細かな設定ができるようだがまだあまり把握していない。

そんなアートフィルターの中で面白いというか気に入っているのがリーニュクレールという機能。

説明では「エッジラインを強調し、イラストテイストを写真に付加します。」となっているが実際にこんな感じの写真が撮れる。

OM-D リーニュクレール

じゃ〜ん!アルピナロードスターがちょっとアートっぽく変身。

写真をイラスト風に仕上げてくれるといったらわかりやすいのだろうか、特にクルマを取るとかなりいい感じ。(ちなみに人間や動物はイマイチかな)

そんなわけで今からバシバシとって年賀状のデザインにしたら面白そうかな?なんて思ってます。

「手の中のプレミアム」ということば通りのカメラです。

 


コメントを残す