ホノルルマラソン完走報告

朝5時にスタートしたフルマラソン初挑戦は最後まで歩かず無事フィニッシュラインを通過した。

50才ちょうどの今年挑戦したボクのフルマラソンは6時間後に無事ゴールすることが出来ました。

走る前はフィニッシュラインを通過する時はかっこよくガッツポーズをしようと考えていたが、カピオラニ公園のフィニッシュゲートが目に入った時には涙をこらえるので必至だった。

応援の人がいっぱいいる最後の800mを一番速いラップタイム(正確には最後から2番めの1kmが一番はやかったのだが)で時おりうつむいてボクは全力で走りきった。

IMG_5784

 

最後のフィニッシュラインを通過する時はカメラに先導された芸能人(だれだかよくわからなかったけど小島瑠璃子さんでした。ゴールには谷原章介が出迎えていた)の横をほぼ同じタイミングで走ったので、あとからもし映っていたらちょっと恥ずかしいなとも思ったたけどその時は頭が真っ白だったような気がする。

完走者TシャツをもらうためにFinisher’sエリアを歩きながらもずっと涙ぐんでいた。

結論からいうと「マラソンを完走した時にどんな気持ちが起こるのだろう?」という問いに、ボクの場合は「泣く」という答だったようだ。

そして最終的なタイムは(ボクとしてはタイムはどうでもいいんだけど)GPSウォッチのデーターでは5:56分となっていた(最終のタイムは明日完走証をもらうときにわかる)。

走った距離は42.195㌔より800m多かった。

スクリーンショット 2014-12-15 12.05.41

そして完走と並んでのもう一つの目標「歩かない」は決してペースは一定ではなかったけど、難所と言われるダイヤモンドヘッドの登りも含めて最後まで歩かなかった。

スクリーンショット 2014-12-15 12.14.49

ただ途中の何度かのトイレは完全にロスタイムで合計20分近くはかかっているようなきがする(実際並んであまりの長さに一回はあきらめた)。

最終的には当初の目標どおり8分/kmピッタリのペースで走りきったようだ。

スクリーンショット 2014-12-15 12.12.23

 

42.195kmという距離はクルマだと大して感動しないけれど、間違いなくいろんなことを考えたし、そして泣いた。

「次にフルマラソンを走るか?」と聞かれたらそんなことすぐにはこたえられないというのがいつわらざる気持ちだ。

だって今このブログを書きながらでも涙が出てくるんだから。

そして今回いろんな人にボクの小さな挑戦を応援してもらった。

日本に帰ったら早く会って直接報告したいと思う。

 

 


6 コメント
  1. 2014年12月15日
    • 2014年12月16日
  2. 2014年12月15日
    • 2014年12月16日
  3. 2014年12月15日
    • 2014年12月16日

コメントを残す