アルピナロードスターS 車検完了

アルピナロードスターSの4回目の車検が無事完了した。

先月26日に入庫したロードスターSの車検が無事完了し、雨がふる前に代車に乗ってディーラーから引き取ってきた。

大きな問題(というか全く問題なく)なく、法定整備費用+基本車検費用のみで終了。

いつもお世話になっているサービス担当のOさんからも非常に状態がいいとお墨付きをもらい、これでまた一年間安心してオープンカーライフを楽しめそうだ。

自分の忘備と参考のために今回の作業明細。

アルピナ車検費用

アルピナロードスター車検費用

今回車検一式にかかった総計は133540円。

自賠責、重量税等の諸費用が53540円なので、実際の整備費用と車検代行費用が80000円ほど。

その中でサイドブレーキの引きしろの調整のためにブレーキの脱着整備を行ってもらったのが8316円かかっているが、それ意外の追加はなく無事終了した。

検討していた以下の項目も結論としてどれも確認のみで終わった。

・  エンジン、ミッションマウント交換

 →オイル漏れ、劣化等問題ないので交換必要なし。

・  ファンベルト交換(テンショナー等は結構高いのでベルトだけの交換)

 →こちらもまだ交換必要なし。

・プラグの状態の確認

 →ブラグの状態も問題なし(BMWの基準では6万キロまで交換不要)

昨年3月の1年点検時にウォーターポンプを交換、ブレーキオイルを交換しているが、予防的な点検整備(1年点検)を行うことで大きな出費を防げそうだ。

個人的にはアルピナに関してはアルピナの販売実績のあるディーラー(BMWのディーラーすべてがアルピナに詳しいわけではないと思う)で、定期的なメンテナンスを行うことがいいと考えている。

パーツの供給やディーラーならではならの最新の設備とノウハウで安心ができること、そして無駄な出費を抑えることができると思う。

またオイル交換や日々の細々としたものは、セカンドオピニオンも兼ねて馴染みのメカニックに見てもらっているが(ちょっと調子が気になった時にふらっと寄って話をきいてもらったりしている)、うまく使い分けることによりちょっと古いスポーツカーをイイ状態で維持できそうだ。

さて車検整備後のロードスターSだがアイドリング付近のトルク感がました気がする。

1年点検の時もそう感じだけど、細かなエラーログなどを消してもらったり微妙な調整を入れてもらっているからかもしれない。

今年はロードスターSはエンジンオイル交換意外のメンテナンス予定もなし。

ちょっと真剣にクラッチの踏みしろ調整にチャレンジしてみようかと思う。

 


3 コメント
  1. 2015年3月4日
    • 2015年3月4日
  2. 2015年3月4日

コメントを残す