幻のインガンダルマを食べる

南大東島でしか食べれないインガンダルマという魚があるという。

インガンダルマ(ダルマ)は人間の体で消化できない脂のために販売禁止となっている魚。しかし白身のトロと言われるくらいメチャクチャ美味しいらしい。

ネットでインガンダルマを検索してみると「インガンダルマを食べるときはパンパースが必要」とあり、美味しい反面危険がいっぱいな謎の魚である。

今回運良くインガンダルマを食べることができたのだが、南大東島で食べたものも個人の備忘録がてらまとめてみた。

上陸した日のお昼ごはんは、これまた大東島グルメで有名な大東そばを食べた。

だいとうそば

大東そばと大東ずしのセット1000円也〜

IMG_7028

そばはちぢれ麺で、魚の出汁であっさりと美味い。そしてお寿司は八丈島と同じく漬けにした魚の切り身をにぎったもの。

昔八丈島で食べたのはわさびのかわりに辛子をつかっていたけど、このお寿司はわさびだった。うまかった〜

こちらは宿泊したホテルよしざと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

島で一番立派な建物?で秋篠宮ご夫妻も宿泊したようだ。今回は1泊2食で8000円ほどの料金。

夕食はマグロのお刺身にこれまた島でしか食べれないナワキリという高級魚のあんかけ風。

ナワキリは大きなカマスのようで脂が乗ってとても美味しかった。

IMG_7033

そして夕食後に夕日を見に行ってから、インガンダルマが食べられるという「卉作」さんへ。

電気がついていないので休みかなと思ったら、おばさんが一人で大量のお客さんと奮闘していた。

電気つけたらとんでもないので、つけていないらしい。あとでわかったのだがカウンターで飲んでたオヤジが店主で、飲みだしたら店を手伝わないらしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはビールとお刺身を適当にといって出てきたのがこちら。

IMG_7041

その日に上がった生のマグロ(キハダマグロだが鮮度が抜群ですごく美味しかった)とサワラのおつくり。

サワラも本土のものと違い、大きいものだと60kgくらいあるという。

そうそう、南大東島では岸からカジキマグロも釣れるらし。

そしてこれがインガンダルマのお刺身。

IMG_7044

5切れもあったので思わず大丈夫?と聞いてしまった。

そしてお味はまさしく白身のトロである。臭みもなく本当に美味しかった。

あとで聞いた話では、インガンダルマはナワキリを釣りに行った際の外道らしい。

船で一緒だった若者たちと飲んでしゃべって3時間ほどいたけど、お会計は1700円。。。大丈夫か?お母さんというくらいの値段だった。

残念ながら今回はたった一晩しか南大東島にいない。

またおいでね、という優しい笑顔に大満足の夜だった。

おまけ

IMG_7443

帰りの船の中で食べた金ちゃんヌードル。これまた船で食べるカップラーメンは美味だった〜


コメントを残す