MacBook 12inch と NDロードスター

4月の発売日以来4〜6週間待ちの状態が続いていた新型のMac Book を入手しました。

またまたクルマネタでないのですが、日々の記録として残しておきたいと思います、

でるでると噂させていた12インチretinaディスプレイのMacBookAirだが、全く別物のPC(ネットブックに近い)としてMacBookという商品として追加リリースされました。

すでに13インチのMacBookAirを売って入れ替えるきマンマンだったのですが、拡張性の件やら不安もあるし、そもそも最近出張が減っているから要らないかな?とも考え始めていた。

そんな中、先週暑い中の東京出張で重たいPCを持ち歩いて銀座のアップルストアに行ったら、ちょうどほしいスペックの在庫があって思わず購入してしまった。

そんなわけで、この週末は天気が悪かったこともありMacBookのセッティングを行っていた。

ボクが購入したMacBookは一番下位スペックで、色はスペースグレイ。

メインは15インチのProがあるので、完全にモバイル用途なのでストレージも含めて買うならこれと決めていた。

ただし下位モデルでも税抜き148,800円ととっても上等な値段なのである。

IMG_7478

全く新らしいUSB-Cという規格で、しかもポートがひとつしかないという割り切りで賛否が両論だがIOTの時代の流れに添った商品だと思う。

実際のMacBookは超カッコイイ。これをみるとMacBookAirがもっさりと古臭く感じる(なにより絞り込んだことによりコンセプトが際立つ。

極めつけがキーボードで、ものすごく薄くてかっこいい。その半面打感がこれまでのMacと大きく異なりちょっと慣れが必要かもしれない(これはそのうち人間のほうが慣れると思う)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

心配していたCPUの性能も、使い方でなんとかなるレベルで、ヘビーな動画編集などをしない限りは問題なさそうだ(ただし、音楽CDのエンコーディングはかなり時間がかかるのでやはり非力には違いなさそう)。

ただ、このサイズと重さは何者にも代えがたく、特に軽さというのがクルマもそうだが大切な性能の一つだと改めて思った。

決して一般的ではないかもしれないけど、こういう一つの性能に特化した商品はかなり競争力があるのではないかと思う(実際まだアップルのオンラインストアでも数週間待ちの人気)。

そん感じでMacBookを2日間さわっていて、最近でたマツダロードスター(ND)がふと頭に浮かんだ。

決してハイパワーではないけど、十分なスペックのエンジン。そして全てにおいて一から作り直しとことん軽量化に取り組んだこと。

特に大きく、重くなったクルマが多いこの頃なので、この軽快感がすごく際立って見えるように思えるからエッジが効いている。

じっさいNDはとても売れているようだから、これもまた嬉しい事である。

とにかく一般的には全部盛りで不満のないのが良さそうに見えるが、そうなるとデザイン的にどうしても限界が出てしまう。

ふとMacBookにふれて、NDロードスターのことを思い浮かべたのであった。

 

 


2 コメント
  1. 2015年7月19日
  2. 2015年7月20日

コメントを残す