オペラ「椿姫」をみて感じたこと

生まれてはじめてオペラ鑑賞に行ってきました。

トゥインゴの無い週末、土曜日か日曜日に修理が完了する予定とのことで、天気はいいがドライブにいけずの週末でした。

月曜日に入庫したMy トゥインゴ・ゴルディーニRSですが金曜日にパーツが入荷、土曜日に受渡予定となっていたが、結局日曜日にもまだボクの手元に戻ってきていません。

ちょっと修理に時間がかかりすぎではないかと思うと共に、トゥインゴに対しての風当たりがかなり強くなってきています。。。

さて、タイトルの椿姫は兵庫県立芸術文化センターの10周年記念の佐渡裕さんデュースするオペラです。

すでに今日の日曜日で千穐楽を迎えていますのが、このオペラに次男坊の彼女が出演していて、生まれてはじめてオペラを見に行ってきました。

IMG_7492

14時の開演で、途中2回の休憩をはさんで3幕構成で終ったのは17時ころでした。

地元であるにもかかわらず、このホールに来るのも初めてでしたが、オペラ初心者でも十分楽しめる事が出来ました。

IMG_7497

期間中彼女は6泊位していて、わが家から会場にかよっていました。

娘がいないのでなんだか接し方がわからなかったのですが、彼女のほうはへんに遠慮するでもなく、息子がいない日も普通に帰ってきて朝出て行くという数日間を過ごしました。

椿姫は総合プロデュースが佐渡裕さん、演出が小栗旬のお父さんという本格的なもので、パンプレットにも小さいながらもフルネームで名前が出ているのはすごいなと思いながら初めてのオペラ鑑賞を楽しみました。

満員の観衆の前で立派に演技し、最後のカーテンコールで感動。

ボクの理解できないところで、息子も彼女も可能性を信じて頑張っているのだなと感じた1日でした。

実は最近身の回りが慌ただしくて、ちょっと考えすぎてただけにすごくシンプルにパワーをもらうことができました。

若いっていいな〜

長く生きていると、変な駆け引きを気にしたり、純粋な気持で行動することが難しくなりがちです。

“Stay hungry, stay foolish”

私事ながらとても前向きになれた1日でした。

PS.クルマのほうがちょっと後ろ向きです。。。

 

 

 


コメントを残す