ルノー クリオRS ゴルディーニ

今日ルノー クリオ (日本名ルーテシア)ルノー・スポールのゴルディーニバージョンが納車されました。

先日ちょっとご紹介しましたが、新しいクルマは(中古ですが)ルノー ルーテシアの本国バージョンCLIO RSのゴルディーニバージョンです。

正規では右ハンドルのブルーにホワイトのストライプのものが30台だけ販売されたのですが、本国ではホワイト、ブラックそしてこのグレイ・マカハという淡いガンメタリックのものがありました。

ルーテシア3そのものはすでに販売が終了してルーテシア4になっているので、このクルマは2012年式の中古の並行輸入モデルです。

写真でわかるように、ゴルディーニのストライプレスですが、F1フィンとドアミラーがホワイトなのが外観上のゴルディーニの特徴です。

IMG_7509

個人的にはホワイトのアクセントがきいてて、さすがおフランスのクルマと思う。

IMG_7529

とりあえず今日の午後3時すぎに納車されたばかりで、ガソリンを入れに走った位ですが、イメージどおりのクルマでした(もちろんいい意味で)。

内装はまんまゴルディーニモデルで、ステアリングやシフトノブ、そしてシートはトゥインゴ・ゴルディーニRSと同じで、デザインテイストも良く似ています。

IMG_7525

中並(中古の並行)ということで、普通ならちょっとためらいますがすでに新車保証も切れている年式ですし、購入店の対応が素晴らしく、またクルマの状態もすごく良かったので迷わずきめました。

納車に際して、バッテリーの交換やその他メンテナンス関係の注文に加えて、アルミホイールの色を変更をお願いしました。

もともとはシルバーのポリッシュにブルーのペイントのゴルディーニバージョンのホイールです。

IMG_7513

ただ、ボディーの色に合わせてちょっと渋めに乗りたかったので、こんな感じに変更してもらいました。

IMG_7523

ボディーカラーを数段黒くしたガンメタリックです。

またルノー・スポールにはシャーシカップとシャーシスポールと言う2種類の足回りがありますが、このクルマはシャーシカップ(見分けはキャリバーの色が赤色はシャーシカップです)で、正規のシャーシスポールよりはハードなセッティングです。

実際硬すぎないかと心配していましたが、今日街ナカを走り回った限り大丈夫そうです。この辺りはまた少し走ってみてから評価してみたいと思います。

ぱっと見はマツダデミオみたいなBセグメントの2BOXのクルマですが、エンジン、ミッションともドンピシャ好みです。

とりあえず、週末走ってみていろいろ試してみたいと思います。

オマケ:取説もおフランス〜読む楽しみがないのは残念・・・

IMG_7533


2 コメント
  1. 2015年8月14日
  2. 2015年8月14日

コメントを残す