紅葉のメタセコイア並木

思い立って、メタセコイア並木の紅葉を見に朝駆けしてきました。

湖北のメタセコイア並木は、ボクにとってとても思い入れの強い場所で春夏秋冬、いろんな季節にそしていろんなクルマと、人との思い出がいっぱいです。

朝6時過ぎに名神西宮インターに乗り、クルーズコントロールを法定速度にセットしてお気に入りの音楽を聞きながらのんびりと走りました。

クリゴルは6速MTですが、100㌔の回転数が3000回転ほどのローギアードで、まったりとこのくらいの速度で走ると、少しこもったような音で足回りの固さも気にならないくらいのごく普通のクルマです。

湖西道路もスムーズで、ちょっと寄り道して朝日の琵琶湖を見ながら缶コーヒーを飲みながらいっぷくです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

琵琶湖も湖北に近づくと、人工物がほとんど見えなくて、ちょっとタイムスリップしたような感じになります。

いつも海津さんからみる景色が好きでしたが、近江富士を遠くにみるこの景色も素敵でした。

曇っていた天候も、メタセコイア並木につく頃には太陽がしっかり顔を出してオレンジ色に木々を照らしてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この場所で何度も写真をとりました。

新緑のメタセコイアと空冷ポルシェ。

DSC03005

 

雪景色のメタセコイアと335。

SONY DSC

アルピナロードスターSとメタセコイアの冬景色。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうしてみると、新緑と雪景色が個人的には好みかな。

でもマキノビッグランドからのメタセコイア並木は、朝日をあびてまるで絵葉書のようなきれいな赤色で、葉っぱが枯れ落ちる本当に直前だったようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今年の冬はスタッドレスをはいたクリゴルで、こんな雪景色を見に来たいと思います。

Unknown

 

ふと気が付くとここに来たくなる。湖北のメタセコイアは思い出もいっぱいの特別な場所です。

 


4 コメント
  1. 2015年12月7日
  2. 2015年12月7日
  3. 2015年12月7日
  4. 2015年12月7日

コメントを残す