Esquerre(エスケール) 西宮山口町のハンバーガー

週末、ちょっと遅めのランチがてら、西宮山口町のEsquerreにハンバーガーを食べに行きました

近くてなかなか遠い西宮山口町(笑)、同じ市内なのに六甲山を超えた飛び地です。

テラス席ならワンコ同伴OKということで、pommeをつれてクリゴルで出かけました。

普段は西宮北道路の盤滝トンネルを250円払って行くのですが、のんびりと峠を超えて行きました。

Esquerreは住宅街の中にありますが、広い駐車場があります。但し、駐車場へのアプローチがかなり急勾配なので、低い車はちょっと厳しいかもしれません。

さて、メニューをひと通り見ましたが、やっぱりお目当てのハンバーガーです。

IMG_9490

同じハンバーガーですが、バンズが3種類から選べて、トッピングもいろいろとチョイスできます。

スクリーンショット 2016-07-25 12.04.55

ボクはパンドミのバンズにチーズをトッピング。

IMG_9488

いや〜 美味かったです。

アメリカに行っても、毎日ハンバーガー食べられるくらいのハンバーガー好きなんですが、いろいろと入っているのはあまり好きではありません。

エスケールのハンバーガーは、自家製のパン(バンズ)とハンドチョップ?の肉の食感が残ったパティーで、日本で食べたハンバーガーの中では間違いなくベスト3に入ります。

CONCEPT

「Simple & standard」
1993年。縁あって西宮市の最北端の山口町で店を構えることになった。周りは田んぼだらけで通行人はゼロ。
住宅街に囲まれたこの地で地域の方に長く愛されていく商品を作り続けて行くにはどうするべきか?
そのためには「飽き」のこない「安心、安全」な商品を作るべきだ。できるだけシンプルでスタンダード
なものを。これが私が辿り着いた「ものつくり」の答え。
エスケールのプロダクト達は出来るだけ余計なものは入れないシンプルでスタンダードな形。
「引き算の美学」とも呼んでいる。たとえば、食パン。食パンは白米に近付けたいという思いから
余計な味、香りは避けた。
だから、バター、卵、生クリームも入れていない。こだわったのは「口解けの良さと粉の香り」。
そのためにパン生地をじっくりと熟成させ小麦粉の香りと甘さと最大限に引き出すことにこだわった。
毎日食べても飽きない理由はここにある。
ハンバーガーもパティは手切りのオーストラリア産の牛肉100%を使用。つなぎは一切いれず
塩、コショウ、ナツメグだけ。バンズも砂糖を極端に減らしたハードパン。ボリュームは
あるが胸焼けしないダイナマイトバーガーの秘密だ。
身体に害を及ぼす食品はいれない。なので製造に時間がかかり製品は酸化が早い。エスケールのパンは酸化が早い。
美味しさを保つためにも冷凍保存をお勧めしております。
オーナーは神戸ベル在職時に海外赴任したらしく、アメリカのハンバーガーの味です。
テイクアウトで買ったパンも美味しかったし、他のカフェメニューもそそられます。
なによりpommeを連れていけるので、ヘビーローテーション入り確実です。

 

ちなみに、今までで一番美味しかったのは、NYの「バーガージョイント」のチーズバーガー。
スクリーンショット 2016-07-25 11.50.20
写真はいろいろ入っているやつですが、何もトッピングなしのチーズバーガーが本当に美味しいです。

 

Shake Shackが日本に上陸して行列ができていますが、NYでは同じくらいかそれ以上に評価が高いハンバーガーです。

 

 

NYはちょいと遠いけど、韓国やシンガポールに行く機会があればぜひ食べてみてください。

 

手作りのパン・ケーキ工房エスケール

所在地 : 〒651-1421 兵庫県西宮市山口町上山口4-1-18
TEL:カフェ:078-903-0761


コメントを残す