オープンカーライフをもう一度

今日新しいクルマの契約を終えました。

少し前にブログに書きましたが正規版カクタスを予約して、実車も見ていないので並行輸入版を見に行ったりしました。

でもちょっと今のボクの気分ではないと、少なからず引っかかっていて、無理を言って予約をキャンセルさせていただきました。

実は昨年末くらいからプライベートでちょっと落ち込んでいて、それが原因で体調も優れない日々が続いていました。

クリゴルをおもいっきり飛ばしても、以前のように楽しめなくなっている自分がいて、クルマ趣味もそろそろ潮時かなと感じながら、体調も気分も復活することが出来ずに今年の夏を過ごしました。

3年ほど前に空冷の964カブリオレから、アルピナロードスターSに乗り換えた時も、ビジネスパートナーとの関係が崩れたのが理由でした。

ただ、そうは言いながらもずいぶん長い間オープンカーが常にあったのですが、昨年末にアルピナロードスターSを手放してからはオープンカーのない生活が続いていて、どうやらボクの中でもう一度屋根が開くクルマを手に入れたいという気持ちが常にあったのだと思います。

カクタスをあきらめて、ふと出会ったこのクルマは今までのように左MTとかハイパワーのスポーツタイプではないのですが、オープンカーという魅力は十分で、このクルマにしようとすぐに感じたのでした。

今でもエンジンはクルマの中で最も大切な要素だと思うし、MTの魅力は何者にも代えがたいと思っています。

できれば古いポルシェをもう一度手に入れたいと思ってるし、もっとプリミティブなクルマにも憧れています。

でも、今は毎日気軽にオープンカーライフを楽しめるクルマが必要なんです。

そんなかんじで、ふと衝動的に購入したオープンカーですが、国内在庫車から選んだので、わりと早く納車されそうです。

そんなわけで、五十路のオープンカー選びは、決してカッコ良いクルマでもないかもしれませんが、毎日オープンで楽しめることを一番に考えたのです。

オープンカーライフをもう一度。

このブログのほうはこれで更新を最後にしたいと思います。

長い間お付き合いいただきましてありがとうございました。

 

 


4 コメント
  1. 2016年9月23日
  2. 2016年9月26日
  3. 2016年10月2日
  4. 2016年10月3日