高見峠とR166快走路をはしる

奈良県には快走路が多いけど中でもR166と高見峠はお気に入りのツーリングコース。

ALPINAが納車されてから2ヶ月、ちょっと早いかなと思いながらも休日の早朝高見峠に向かった。

名阪国道を針インターで降りてR369を南下し大宇陀からR166に入る。
ここから先は交通量のとても少ない快走路!

DSC04475

3月とはいえ奈良の山間はまだまだ寒いけどしっかりとオープンで高見峠へ!

遠くに見える三角形のきれいな山が高見山。
霧氷で有名なだけあって、山肌は真っ白〜この時はまだ韓国タイヤ、大丈夫かな???

DSC04476

途中から雪がチラホラとしてきたけどまだまだオープンで走るが高見トンネルをぬけたら真っ白でした。
幌をしめてから外に出て路面状況を確認。
気温が高いのか、積雪もほとんどなくこれなら大丈夫そう。

DSC04479

あれよあれよという間にALPINAくんの幌も雪化粧。

そこから高見峠のループ橋を気をつけながら下って道の駅飯高へ。

IMG_4588

峠を降りたら雪もやんで、道の駅飯高までこれまた快走路を走ります。

この道の駅は温泉も併設で、雪で冷えた体を温めてから帰路につきました。

ここから松坂まで40kmなので一足伸ばして松阪牛を食べるなんてコースもいいかもしれませんね。


大きな地図で見る


コメントを残す