カフェ氣遊から武田尾温泉へアルピナオフ

GONさん明日ヒマしてる?ひまヒマというとこでGONさんのアルピナB3Sカブリオレの試乗に出かけた。

久しぶりに氣遊でもいこか?ということで(久しぶりといっても毎月行ってる)秋色の日本のチベット能勢で待ち合わせ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そう、今日はアルピナロードスターとB3Sカブリオレのアルピナオープンオフとなりました。

いつもの特等席はこんなステキな演出でお出迎え。顔を上げるとテラスには柿がいっぱい。

能勢は気温が市内よりだいぶ低いのですっかり秋色です。

氣遊 柿

今日は自家製ベーグルのサンドイッチ。中はアボガドとサーモンでベーグルは軽く焼いています。

氣遊 ベーグルサンド

今日のお茶はダージリン。ティーポットの帽子が相変わらずかわいい〜。

ダージリン 氣遊

小一時間ほど話し込んだあと、これからどうする?とGONさん。

武田尾温泉行ったことある?とボク。

どうやら初めてのようなのでB3カブリオレをボクの運転で、アルピナロードスターを権さんの運転で20kmほど能勢のワインディングを走らせて武田尾へ向かいました。

ボクのロードスターとGONさんのB3Sカブは同じ3.4Lのアルピナ謹製のエンジンながら、ボティは2シーターと4シーター、そしてミッションはMTと5速AT(スイッチトロニックという)でエンジンとオープンそしてBMWがベースという以外は全く別のクルマだ。

走りだしての第一印象はまったくもってジェントルな乗り心地。10年前のクルマながらわずか2万kmしか走っていないとあってコンディションは最高です。

そしてエンジンがこれまた静かできれいなまわり方をする。

ボクのロードスターは排気音もかなり野太く、エンジンもシルキーシックスというまわり方というよりパンチのあるチューニングエンジンのフィーリングでかなり違う。

そして誤解を恐れずに書くと、このエンジンやはりMTで乗るべきだと思った。

良く出来たATでも(2速ホールドで)コーナーの立ち上がりのアクセルを踏み込んだ瞬間のレスポンスがちょっともたつく印象を受けた。

そんなやりとりをGONさんとトランシーバーで話しながら武田尾についた。(ボクのロードスターのレビューはGONさんがアナザーストーリーで書いてくれることと思う)

武田尾温泉

武田尾は武庫川の上流の警告にある小さな温泉(わずか3軒しか宿がない)。

10年ほど前に廃線を歩いてここを知ったが、関西の人でもあまり知らない隠れ家的なところです。

しばし散策して駅から少しはなれたこのお宿でティータイム。ここはかなり大胆にリフレッシュしてコテージ風の部屋がならぶおしゃれな作り。

そしてテラスからの眺めもちょっと紅葉には早すぎましたが最高です。

武田尾温泉

 

ちなみに2年前に紅葉の時に行った(11月24日)の写真はこんな感じ。

武田尾 紅葉

武田尾は隠れた紅葉の名所なんです。

11月の中旬が見頃のようなので、来月また行ってみたいと思います。

今日は三銃士が一人いませんでしたが相変わらず良く走りよくしゃべりました(笑)。

大きな地図で見る


4 コメント
  1. 2014年10月18日
    • 2014年10月18日
  2. 2014年10月19日
    • 2014年10月19日

コメントを残す