トヨタMIRAIを見たぞ!

8月のある日芦有展望台で発売前のトヨタの燃料電池自動車MIRAIの試走に遭遇した。

クルマ仲間のGONさんバラッカ・デル・ソーレで昼飯を食べてから芦有ドライブウエイに上った。

そのときはまだGONさんがZ4(E89)に乗っていて、久しぶりにマニュアルの練習する?なんて感じでアルピナロードスターSを運転してもらいました。

そしてパラダイスカフェでアイスコーヒーを飲んでると急にGONさんがFCVや!と言って飛び出していった。

今月18日に発表されたFCVの正式な名称はMIRAIに決まったらしい。

MIRAI FCV

そのクルマは黒色でリアにスモークフィルムを貼って三河ナンバーをつけていた。

車体には全くカモフラージュなどはついていなくて、これが最終段階のテスト走行だということがわかる。

中からは50台後半?の主査風の人と30台?の人が2人の合計3人が出てきて少しだけ言葉を交わさせてもらった。

でもほとんどの質問には全く答えてもらえず、写真もブログ等にアップはダメ(もう発表なったからいいだろう)と言われ、二人でじろじろと外観や内装を見ていた。

ただ若い方がボクはあちらのほうがいいなと言ってボクのアルピナロードスターSを指さしてニコッと笑ったのを憶えている。

そして程なく3人はクルマに乗り込んで芦有ドライブウエイを下っていった。

エンジンはないのでモーター等の駆動音がしたが、まわりが静かだったせいか思った以上に大きく聞こえた。

それは燃料を送り込むポンプの音のようだが、なんとなくハイブリッド車のような無音を想像していたので意外だった。

そのMIRAIがまもなく路上を走るようになる。

ますますクルマの形をした別の乗り物が増えていくかと思うとちょっと複雑な気持ちだが、古いガソリンを多く使うクルマが生き残るためにはバランスとしては必要なのかもしれない。

そしてプリウスがそうだったように思った以上に早く普及するのかもしれない。たぶんボクは乗ることはないだろうけど。

 


4 コメント
  1. 2014年11月27日
    • 2014年11月28日
  2. 2014年11月27日
    • 2014年11月28日

コメントを残す