又兵衛桜と雨のR166

2週連続の伊勢行き、あいにくの雨だったけど宇陀市の又兵衛桜に寄り道をしていくことにした。

先週の日曜日またまたトゥインゴRSで伊勢に行くことになり、かねてから行きたいと思っていた又兵衛桜に立ち寄った。

又兵衛桜は奈良県の宇陀市にある樹齢300年を越すと言われるしだれ桜の銘木。

大河ドラマのオープニングで使われたことで、年間10万人近くが訪れるという。

又兵衛桜

又兵衛桜の名前は黒田官兵衛の家臣、後藤又兵衛に由来する。

いつものように名阪国道の針から吉野方面に向かい、宇陀方面に向かう。

先週はまだ蕾だった桜もほぼ満開で、奈良の桜街道をトゥインゴRSでのんびりと流した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨とはいえ見頃の日曜日、ほぼ満車の駐車場で500円を支払って小雨の中を又兵衛桜に向かう。

近くで見るより遠景のほうが素晴らしい。

なにより一本だけ石垣の上に立つ姿は堂々として、しだれ桜ならではの薄墨色の花びらが小雨の中とても可憐だった。

写真を撮り終えた頃に雨足が強くなってきたので早々に撤収、R166へトゥインゴRSを走らせた。

日曜日の午後だったけど、R166は相変わらず交通量が少なく気持ちよくペースを上げることができた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

道中は雨が強かったので残念ながら桜の写真をほとんど取ることができなかったけど、高見峠をすぎての三重県側は素晴らしい桜街道だった。

一週間前にはほとんど色づいていなかったのが嘘のようだ。

その日は今回仕事を一緒にすることになった友人宅に泊まり、翌日三重県最南端の熊野市に向かった。

伊勢からは友人の運転だったのだが、熊野から和歌山にかけての道は素晴らしかった。

ところどころ熊野古道と交わる山間の道は信号もなく、地元の社長さんいわく「高速みたいなもんやから」。。。

彼の乗るクラウンハイブリッドは5年足らずで27万キロを走っているという。

クルマとのつきあいかたが都会とは違うが、そのくらいの距離を走っても自動車というのは本来なんともないのだろう。

アルピナロードスターSも一生乗れるかな?

ご好意で、いろんなところを案内していただいた。

写真はR311沿いにある「丸山千枚田」

過疎化の進む山間の集落も地元の人々の協力で素敵な景観を維持していた。

IMG_6503

 

こんどはロードスターSで田植えの頃に訪れてみたいと思った。

2週連続でR166を走りトゥインゴRSのエンジンは絶好調。燃費も往復で14km/Lと上出来である。

 

 

 


4 コメント
  1. 2015年4月10日
    • 2015年4月10日
  2. 2015年4月11日
    • 2015年4月11日

コメントを残す