ポルシェ911ストーリー ・・・911を買う前に読む本

天気が悪く時間を持て余した3連休、久しぶりに本棚から911のバイブルを引っ張りだしてみた。

Porsche 911 Story964カレラ4カブリオレを所有している時にプレゼントされた本で、ポルシェを手放した今でも本棚に大切に保管している。

サブタイトルに「901から997まで!」とあるように最新の991以外のポルシェについて(空冷はもちろん水冷に関しても)詳細にまとまられている。

IMG_5559

目次を見ると540ページ以上、厚さにして4cm近い立派な本で、前半が空冷について、そして後半が水冷について書かれていて1963年からスタートしたポルシェ911についての貴重なデーターベース。

また、市販モデルだけではなくレースモデルやスペシャルモデルについても記述されてる。

主な内容はエンジン・ボディ・サスペンション・そして各モデルの詳細についてでこれを読めば最新のポルシェ以外の情報はすべて手に入れることができる。

残念ながら著者のポール・フレール氏は2008年に他界されたためこのバージョン(2009年版)が最終となるだろう。

IMG_5560

特にエンジンに関しての記述は膨大で、空冷最終の3.6Lエンジン(M64型)だけでも964から993への変遷、そして3.8Lに続くストーリーが開発秘話とともに詳細なイラストで示されている(このイラストは993のM6405というバリオラムでないエンジン)。

最新のポルシェは確かに素晴らしいクルマだと思うが、メカニカルな面ではやはり空冷エンジンの精緻さにはかなわないと個人的に思う。

ふと時間があったので3連休にこの本を読んで、改めてポルシェのスポーツカーとしてのすごさに感動しました。

ポルシェ(最新ではない911)というクルマに興味をもったらぜひ一読いただきたい本です。


4 コメント
  1. 2014年11月3日
    • 2014年11月3日
  2. 2014年11月5日
    • 2014年11月5日

コメントを残す